ハワイ旅行を120%楽しむための準備ガイド【日程の組み方】

ハワイ旅行を有意義な時間にするためには、出発前の事前準備が大切。
様々なシーンで失敗しないためのノウハウをチェックすれば旅の準備は完了!
「出発前から、旅はスタート!、ハワイがあなたを待っている~」

日程の決めるにあたり

実際にハワイ旅行を計画する際、無視できないのが旅行費。
航空代金は、ゴールデンウィークやお盆、シルバーウィーク、年末年始はハイシーズン(繁忙期)となり、価格が高騰します。
この時期は予約開始日から日を追うごとに、最安値運賃が少なくなっていきます。

比較的航空券が安い時期は
・4月上旬~4月ゴールデンウィーク前
・5月ゴールデンウィーク後~6月
・10月~12月初旬

また、安い曜日は日曜日~木曜日出発で高い曜日は金曜日と土曜日出発になります。
これは往路の日本発だけに関わらず、復路のホノルル発も同じ。
週末を利用して(金曜日や土曜日)旅行プランを組む方が多い曜日が高くなるということです。
日程的に余裕がある場合は、安い航空券が購入できる日に日程を合わせるのも方法です。

日程のイメージ

■日本~ハワイ間の飛行時間は7時間~9時間程
■日本とハワイの時差は19時間あり、日本よりハワイの方が19時間遅れ  
例えば)日本時間が 1月1日(水)の13:00 → ハワイ時間では 12月31日(火)18:00

旅程1日目《日本出発日=ハワイ到着日(ハワイ1日目)》

往路)時差と飛行時間の関係で日本出発日と同日(同じ曜日)にハワイへ到着。
ハワイ旅行の1日目は、日本出発日でもありハワイ到着日にもなります。
※例)
日本時間の1月1日 20:00の便で出国する場合
日本時間 1月1日 20:00 = ハワイ時間 1月1日 1:00
往路の飛行時間は7時間前後ですので、ハワイ時間の 1月1日 8:00頃(午前)にハワイ到着

旅程6日目(最終日)《日本到着日=ハワイ出発日の翌日》

復路)時差や飛行時間の関係でハワイを出発した翌日に日本へ到着します。
※例)
ハワイ時間の1月5日 11:00の便で帰国する場合
ハワイ時間 1月5日 11:00 = 日本時間 1月6日 6:00
復路の飛行時間は9時間前後ですので、日本時間の 1月6日 15:00頃(午後3時頃)に日本到着

ハワイを出発した曜日 日本へ到着する曜日
月曜日に出発   → 到着は火曜日
火曜日に出発   → 到着は水曜日
水曜日に出発   → 到着は木曜日
木曜日に出発   → 到着は金曜日
金曜日に出発   → 到着は土曜日
土曜日に出発   → 到着は日曜日
日曜日に出発   → 到着は月曜日
ハワイで何泊する為には何日間の日程が必要か?

ハワイ旅行の日程としては「現地宿泊数+2日」が必要となり、4泊6日、5泊7日と計算します。

トータルの日数 旅行日程 自由時間
4日間 2泊4日(ハワイで2泊) 1.5日~2日程
5日間 3泊5日(ハワイで3泊) 2.5日~3日程度
6日間 4泊6日(ハワイで4泊) 3.5日~4日程度
7日間 5泊7日(ハワイで5泊) 4.5日~5日程度

ハワイ旅行を計画する時には「ハワイで何泊する為には何日必要か?」も含めて日程を決定しましょう。

関連記事

  1. 燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の動向

  2. ハワイ旅行を120%楽しむための準備ガイド【パスポートの準備…

  3. 不安解消! 航空券の予約から飛行機搭乗までがわかる【5.航空…

  4. 不安解消! 航空券の予約から飛行機搭乗までがわかる【4.航空…

  5. ハワイ旅行を120%楽しむための準備ガイド【滞在先の予約】

  6. 2019年ハワイ州の祝祭日

ブログカテゴリー選択

最近のブログ記事

ブログ一覧