【航空会社情報】JAL、2021年8月~9月の燃油サーチャージ据え置き ハワイ4400円

日本航空

日本航空(JAL)は、2021年8月1日から9月30日に発券される国際線航空券の燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を現行(2021年6月から7月発券分)のまま据え置きすることを発表しました。

●2021年8月1日~9月30日発券分まで(ひとり1区間/片道)
日本~ハワイ:4400円(往復 8,800円)

◆参考記事:日本航空
https://press.jal.co.jp/ja/release/202106/006106.html

燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)とは

「燃油サーチャージ」の正式名は「燃油特別付加運賃」と呼ばれているもので、原油価格が急騰し、航空会社の負担が急増したため、燃油代の一部を乗客に負担してもらうということで導入された制度です。
大手航空会社の燃油サーチャージの改定は基本的に2ヶ月おき、原油の価格により変動していきます。
燃油価格が下がれば乗客の負担は無くなりますが、逆に、燃油価格が高騰すれば乗客負担の金額も上昇するというです。

JALでは燃油サーチャージを日本~ハワイ線で「ゾーンA~ゾーンI」の9段階に分けています。
なお、同じ路線でも航空会社によって燃油サーチャージの金額が多少違ったり、または課されないこともあるようです。

基本的には燃油サーチャージは航空券代金に含まれて請求されます。
燃油サーチャージの金額は飛行機の搭乗日ではなく、航空券の発券日(購入日)で計算され、航空券発券後は金額が変わることはありません。
そのため全く同じ便を予約していても発券日(購入日)が違えば燃油サーチャージの金額が変わってくる事もあり得るという事。
仮に燃油サーチャージが値下げになったとしても、その時点でもともとの航空券代金が値上がりしているという場合もあります。

 

関連記事

  1. 【航空券情報】年末年始の国際線航空券は争奪戦!!既に発売開始…

  2. 日本航空

    【航空会社情報】JAL、6月発券分より燃油サーチャージ再適用…

  3. 【航空会社情報】ANA、国際線の燃油サーチャージ据え置き 2…

  4. 【航空会社情報】JAL、2020年8月羽田-ホノルル間4往復…

  5. ベストアロハ 日本航空

    【航空会社情報】JAL、2021年5月31日発券分まで燃油サ…

  6. 【航空会社】 日本航空、ホノルル線の2便を2020年夏スケジ…

ブログカテゴリー選択

最近のブログ記事

  1. ベストアロハ 日本航空
  2. 日本航空
ブログ一覧