【ハワイ情報】オアフ島、再開の4段階プランを設定

ハワイ州・ホノルル市郡では本日9月24日から「自宅待機・在宅勤務」命令が緩和され、今後は4段階に分けられビジネス再開と行動規制の緩和がすすめられる。
緩和のガイドラインとなる新規制は、直近7日平均の新規感染者数と陽性率の2つが指標となる。

《オアフ島の週平均感染者数とテスト陽性率》
レベル1:感染者数が100名以上、 陽性率5%以上
レベル2:感染者数が50~100名、陽性率2.5~5%
レベル3:感染者数が20〜49名、  陽性率1~2.49%
レベル4:感染者数が20名未満、   陽性率1%未満

9月24日からは少なくとも4週間連続して「レベル1」とし、次のレベルへの変更は2週間連続の数値を追跡し決定。
一度に進むことができるのは1段階のみとし、基準が満たされた場合は3日以内に新しい命令を発行し、次のレベルへの変更が発表される。

■参照記事:Honolulu Star Advertiser

関連記事

  1. 【オアフ島情報】ホノルルマラソン最終ランナーは日本人2名、1…

  2. 【オアフ島情報】2020年ソニーオープン、日本人の主な出場予…

  3. 【オアフ島情報】2019年11月開催のオアフ島イベント

  4. 【オアフ島情報】パリ・ハイウェイの修復工事は11月まで延長

  5. 【ハワイ情報】14日間自己隔離免除の事前検査プログラムを10…

  6. 【オアフ島情報】ハレイワビーチパークでサメ警告サイン

ブログカテゴリー選択

最近のブログ記事

  1. 日本航空
ブログ一覧