ハワイ日焼け止め販売禁止、サンゴ礁保護2021年から

2021年からハワイではサンゴ礁への有害が指摘されている成分「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」を含んだ日焼け止めの使用と販売を禁止する。
米メディアによると、この2つの成分は紫外線吸収剤として「コパトーン」など3500種類以上の製品に含まれており、ハワイのコンビニエンスストアなどで広く販売されているという。
是非、日焼け止めを使用の際には有害な成分が含まれていないかのチェックを!
自然に優しい日焼け止めで、ハワイのサンゴ礁と美しいビーチを守りましょう。

関連記事

  1. 【オアフ島情報】ハワイの高速鉄道「HART」が10月に一部開…

  2. 【ハワイ情報】 ワイキキ水族館、無期限閉鎖に

  3. 【ハワイ情報】ホノルルマラソン2020、8月11日から第1期…

  4. 【オアフ島情報】ハワイの海岸、高潮に注意

  5. 【ハワイ情報】ハワイで開発されたコロナ唾液検査、パンデミック…

  6. 【ハワイ情報】オアフ島のバー、7月31日より3週間臨時休業に…

ブログカテゴリー選択

最近のブログ記事

ブログ一覧